makoのアメリカ奮闘記

アメリカ・サンフランシスコに単身赴任中 アメリカ赴任までのいろいろなこと・アメリカでの生活のことをまとめていきます。

カテゴリ: 使ってみた


医療費が高いアメリカ。
滅多なことでは病院には行きません。なので、日本よりずっと予防医療に対する意識が高いんです
(ここは日本も見習うべきところだと思う。具合が悪くなる前に、具合が悪くなりにくくなろうという意識は大事だと思う)

そんなアメリカで風邪予防のためのサプリメントがあります。
それがAirborne
FullSizeRender


中身は、大量のビタミンと亜鉛とあとハーブ
このAirborneを作ったのは学校の先生で、風邪が流行る冬でも先生は学校を頻繁に休むわけにいかないので、いかに風邪を引かない体を作るかというところから考え出されたサプリなんだそうです。

10錠入って$6くらい。そんなに高くないかなっていう印象です。

味は、いちご・オレンジ・レモン等何種類かありますが、飲み方は全部一緒。
一回一錠タブレットを水に溶かして飲むだけです。(大人は1日三回飲むと書いてあります)
ちなみに私はレモン味が好き。

もともと風邪を引きにくい健康体質ではあることもあり、今具合が悪いわけでもないので私は1日一回しか飲んでいませんが、気軽に必要なビタミンを取れて風邪を引きにくい体づくりができるというのはいいですね。

風邪の引き始めにも効果があるそうです。風邪かなと思ったら1日三回飲んでよく寝れば、風邪の治りもよくなるよ!って同僚のアメリカ人がいってましたw (二日酔いにも聞くっていうので、二日酔いの時にも飲んでみようかな)

風邪は引かないのが一番だけど、引いた時にはAirborne三回飲もう。


すごく今更ですがSwitch を買いました。
FullSizeRender
YouTube の実況動画をたまたま見て欲しくなって買ったんですが、買ってよかった!

ゲーマーじゃなくてもまぁまぁ楽しめる
買ったゲームはマリオデラックス
IMG_6189

スーパーファミコンで私ですら遊んだことのあるマリオは、年齢問わず楽しめていいですね。

Switchを買って気がついたのは
みんなで同じ場所に集まってゲームするって盛り上がる
先日コントローラーを持ち寄って、友人の家でスマブラ大会をしたんです。
みんなで誰かの家に集まってゲームをするなんて何年ぶり?って感じだけど、これが思った以上に盛り上がるわけです。

上手いとか下手とか関係なく、みんなが同じ場所にいることで、ゲームを遊んでる人も遊んでない人も一緒になって盛り上がれて、やっぱりみんなが一つの場所に集まって遊ぶって体験は何事にも変えられないんじゃないかって思いました(今Online Multi Playが主流だけど)
特に大人になって、お酒を飲む以外の目的でみんなが同じ場所に集まることってなかなかなくて、Switchで遊んでるときもお酒を飲みながら楽しんでいたわけなので大していつもの飲み会とは変わらないとは言え、集まるきっかけにもなるし、いつも会わない人にも会えるし。


Switchはゲーマーには簡単すぎるゲームが多いし、家族向け(子供向け)のUIだし、ゲーマーの需要は満たせてないんだと思うんです。

でも私みたいなみんなで集まって盛り上がりたいゲーマーじゃない層には、響く商品だなと。

まだ2019年も二ヶ月だけど、Switchは今のところ2019年で買ってよかったもの No.1 




折角アメリカに住んでるし、Start upの本場シリコンバレーのすぐそばに住んでるし、できるだけStart up企業の製品を使ってみようと思ってます。

そんな中、今回は、NY発のStart up企業Proseを注文してみました!
IMG_5674
Proseとは?

Userが20個の質問に答え、自分の髪の状態にあったHair care Product(シャンプーとリンス・ヘアマスク)を調合してもらえるというサービスです。

市販のシャンプーでもダメージケア用とかいくつか種類はあるけれど、自分にあったシャンプーを自分のためだけにCustomizeできるのは面白いと思って注文してみました。

シャンプーは毎日使うものだし、自分に合ったものを選べたら、それは嬉しいと思ったので。

注文はWebページからできます。
先ほども書いたように20個の質問に答えていくわけですがいろんな質問がありました。


スクリーンショット 2019-01-05 12.15.03

髪のTypeを聞くという一般的な質問も勿論たくさんありましたが、
これから2ヶ月一番滞在しているであろう場所のZipコードを聞く質問があったり
(その場所によって紫外線や乾燥度合いから調合を変えてくれるようです)

スクリーンショット 2019-01-05 12.16.49

質問に答えるだけですごく面白かったです。

そして届いた商品がこちら
IMG_5688

ボトルには自分の名前が印刷されており、特別感がありました。
あとボトルの配色がなんともおしゃれ。さすがNY
こちら3つで$88と、普段使っているものよりは割高ではありますが一度使ってみるのには面白い商品かと思います。

また使ってみての感想ですが(使ってみてまだ二日)
  • 髪の毛がサラサラになった
  • シャンプーの匂いはいくつかの選択肢から選べたが、匂いが想像していたものと違う(結構強い匂いがする)
  • シャンプーが今まで使っていたものと比べて泡立ちが悪い
思っていたのと違うなーと思う部分もありますが、まずはこれがなくなるまで使い続けてみようと思います。使い切ったあと感想が変わるかもしれませんし、その際にはUpdateします。


日本ではなかなか試せないStart up商品をこれからもいろいろ挑戦していきたいと思います!


サンフランシスコ発のスタートアップ企業Rothy's
SNSでの宣伝や口コミでBayareaでは知名度をあげているそうです。

Rothy'sは女性用の靴のブランドなわけですが、Rothy'sのウリは、
  • ペットボトルのリサイクルを材料としている
  • 履き心地にこだわっている
  • 靴を丸ごと洗濯できる
ところです。エコが重要視されている昨今ペットボトルから作られた素材というのは、興味深いです。そして履き心地に重点を置いている点は一日中履くものなので非常に重要。

女性の方ならご存知と思いますが、ハイヒールは見た目はいいけど履いているだけで疲れるし足も痛くなるし、履き心地がよくて、見た目も良いというのは大事です。

最近イギリスのメーガン妃が履いていることでも話題になりました。
ニュースはこちら!

今回せっかくSan Franciscoに住んでいるので、話題のRothy'sを買ってみようと思い一足購入してみました。

Rothy'sには4種類のTypeがあります。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

今回私が購入したのはThe Flatの紺色
お店でサイズを確認して、Webで注文しました。友人から紹介コードをもらったので$20引きでon-lineで購入ができました。

実際履いてみての感想ですが、確かに軽くて履きやすく、疲れない。紹介コードをもらっても$100を超えるのでちょっと高いわけですが、履きやすさとかを加味したらアリかなという気がしました。

これでもう少しヒールがあるデザインもあったら最高なのになと。

しばらく今買った靴を履きますが、もしBlack Fridayに割引になるなら次はThe Point買おうかな。


アメリカで生活していると毎日ほとんど現金は使いません。
毎日クレジットカードがあれば生活できます。(こっちに来てからATMでお金下ろす機会が減ったなぁ・・・) 
そもそも細かい小銭を仮に出しても、店員さんが計算間違えるし、いい顔しないし、仮にCashで払ってもいいことない。
だから例えば友達ご飯を食べに行って支払いするときも、みんなでクレジットカードを出します(人数分)
そうすると合計金額をそのクレジットカードの枚数で割ってくれてそれぞれに会計ができる仕組みなんです。

日本みたいに、お会計が来たら、その場で現金集めてーとかしなくて良い非常に合理的かつ便利な仕組み

ただクレジットカードでSplitできるカードの枚数には制限があることが多く、大人数で食事に行った時にその場でそれぞれがクレジットカードで支払いができないというケースもあります。

まぁそんな時は誰かが代表して後からお金を集めるという日本と同じ仕組みになるんですが、お金の支払い方が日本とは違います。

使うのは送金システム
PayPalは少し日本でも使われているかもしれませんが、要するに自分の銀行口座から直接相手の銀行口座にお金を送金するんです。

それによって面倒な現金のやりとりが発生せず、友人間のお金のやりとりが完了します。

ただPayPalだったり他の送金システムは手数料がかかることもあり、最近もっぱら使われているのはFacebook Pay

これが手数料もかからずかなり便利なシステムです。前提としてもちろんFacebook Accountを持っていることというのがありますが、Facebook Accountさえ持っていたら後はいたって簡単。

まずFacebook Payは、FB Messengerの画面から入ります。

お金を送金したい人とのメッセージやりとり画面を開き青いプラスマークを押します。
そうすると出てくるのがこの画面

一番左上のPayment がFBPayのことを指しています。

Payment を押すとあとは簡単(初回は自分の銀行口座とFBPayを紐づけるためにDebit cardの登録を求められます)
金額を入力して、Request or Payを押すだけ!

送信が完了すると
メッセンジャーのメッセージやりとり画面に
と送った額が表示され、これにてやりとりは終了です。
自分が送金した側である場合、すぐに自分の銀行口座からお金は送金されます。
自分がお金を受け取る側の場合ですが一つ注意点が。

お金を受け取る側の場合、上記のメッセンジャーの情報以外にメールでも振り込まれた旨が報告されます。メールには、30分後くらいにはあなたの銀行口座にこのお金のやりとりが反映されるよ!って書かれているのですが、実際には数日かかります。(特に土日を挟むと時間がかかります)このメールを読むと自分の口座に30分たっても入金されていないことに少し焦るのですが、数日は焦らずに待ちましょう。数日待っても入金されていない時は先ほど書きましたメールからFacebook側に問い合わせすることもできます。

Facebook Payを使うことで手数料なく、友人間のお金の送金ができるのと、Messengerに通知が行くので、送ったよー等々の連絡をわざわざ入れる必要もないという便利な機能。

まだアメリカでしか使えないようで、現金文化が根強い日本で普及する日はまだ遠い気もしていますが、アメリカにいる方はぜひ試してみてはいかがでしょう?


このページのトップヘ