makoのアメリカ奮闘記

アメリカ・サンフランシスコに単身赴任中 アメリカ赴任までのいろいろなこと・アメリカでの生活のことをまとめていきます。

カテゴリ: Seattle/Portland

シアトルといえば、Amazonの本社がある街でもあります。
今回の旅行でやりたかったことの一つ

Amazon Goに行ってきました!

Amazon Goは、まだシアトルに1店舗だけしかない、Amazonが出店したコンビニのようなお店です。
何がすごいかと言うと、会計をするレジがないこと。
お店で買いたい商品を取って、ゲートを通ると自動で会計が済んで、Amazonのアプリと紐付けているクレジットカードから自動で引き落とされます。

なんと画期的!

今はまだ1店舗しかないけど、このようなお店が普及すれば無人で24時間営業のコンビニが出来上がりそう。そしたら24時間営業のコンビニのないアメリカの生活がもっと便利になるのかなーと思ったり、在庫管理も自動で行われるから、今まで人力でやってきた部分が機械化されてもっと効率的になるのかなーと思ったり、夢の膨らむお店でした。

それではAmazon Goに実際に行ってみたレポートを書こうと思います。

まずAmazon Goに行く前には、アプリをダウンロードしておく必要があります(無料)
Android 版
iOS版

ちなみに私は友人3人と計4人で行ったわけですが、1グループに一つアプリがあれば入店可能です。
ただアプリ単位の会計になるので、別々の会計にしたければ、一人一つアプリをダウンドーロしておく必要があります。

アプリはAmazon accountでサインイン可能です。

サインインするとQRコード画面が開かれます。そのQRコードを使って入店します。
ちなみにさっきブログ用にスクショを取ったんですが、スクショでは入店できないそうです。
セキュリティー上そうしているのはわかるけど、すごいな。どうやってわかるんだろう。。。

お店の外観はこんな感じ。
IMG_2584

入り口にはゲートがあります。
このゲートに先ほど入れたアプリをかざせば入店可能です。

お店の中は、普通のコンビニと何一つ変わりませんでした。
IMG_2588
食べ物や飲み物が売っていて、欲しいものを取って袋に入れるだけ。

お酒も売っていました。
違う人の記事では、お酒売り場のところには人が立っていて、年齢確認をされると書かれていましたが私が行った時には、店員はいなかった・・・。
お酒の年齢確認に関しては日本以上にうるさいアメリカ。

Amazon Accountが年齢と紐付いているとはいえ、1アカウントで複数人入店できるわけなので、どうやって年齢確認しているんでしょう。カメラの年齢識別を使っているのかなー。不思議。
せっかくなら買ってみればよかったなぁ(21歳は、とっくに超えているので買ってみたところで、仕組みがわからない可能性もありますがw)

ゲートを通って精算が終わり、20分後くらいにAmazon Go appに精算完了のお知らせがきます。
お店を出てから20分経っているわけなので、仮に精算が間違っていてももうお店にはいないし、どうするのかなとちょっと心配にはなりましたが、私の場合精算は正確にあっていました。

Amazon Go限定商品は、マグカップとチョコレート・水筒くらいで数は多くなく、Amazon Goに売っている商品自体は、他のアメリカのスーパーに売っているものと値段も内容も変わりません。

ただ無人で、ゲートを通っただけで自動で精算されるという仕組みには、近未来感を感じるのと同時にAmazonってすごいなという感想を持ったのが正直なところです。



周りからの評判が高いBoeing社の工場見学に行ってきました。

IMG_2541


Boeing社の工場は、シアトル市内から車で30分ほど行ったところにあります。


ちなみにlargest factory in the world だそうですよ!


工場見学は、予約制でチケットが余っていれば当日券での参加もできますが、私が行った日はSold outだったので予約して行った方が良いかと。

予約はこちらから


私の周りでは、このツアーの評判が非常によくずっと気になっていたのですが実際に行ってみて思った以上によかった!
アメリカで行ったいろんなツアーの中で一番よかったです。とてもおすすめ!

工場見学は、90で一切の荷物の持ち込みが禁止されています。身長制限もあるので、お子さんも参加される際は確認が必要です。

(入り口に、無料のロッカーがあってそこに全てを預けることができます)

そのため工場見学中の写真はありませんが、感想をいくつか。


  • 飛行機を作る工程は驚くほどに自動化されていない


一年に作られる飛行機の数がそんなに多くない、かつ、航空会社によってカスタマイズも多いので自動化しても採算が取れないのかも


  • 飛行機の部品のいくつかは、日本製のものがあり、(川崎重工とか、富士重工とか)日本も頑張ってるなって思うと嬉しかった


Boeingが飛行機全部を作っているのかと思ったけど、Boeingは、いろいろな会社が作った部品を合体させて飛行機として完成させているところなんだと気がつきました。
Boeingの飛行機が完成するためには世界各国のいろいろな企業の力がないと出来上がらない。そのうちの一部は日本の企業が支えているって思うと、飛行機の見方もちょっと変わった気がします。
  • 工場の稼働している状態を見たかったら平日に行くべき
私は土曜日に行ったので、工場自体はおやすみ。ツアーはやっていて、工場内で作っている途中の飛行機を見ることはできるのですが、実際に作っているところ(工場が稼働しているところ)は見れませんでした。平日にくるともっと活気があって、実際に人が働いているところも見れるのよ!とツアーの説明員の方も言っていたので、もし平日に行くことが可能ならば平日の方が、もっと面白いかもしれません。

工場には併設されてグッズを買えるショップもありました。
Boeing社のTシャツや飛行機の模型等々が売っていて欲しいような気もしたけど、Tシャツは山ほど持ってるし、飛行機の模型はどの機種にするか決めきれず結局買わず
IMG_2543
買ったのはこちらのStickerです。なんともJokeの効いたいいフレーズ(笑
IMG_2542

本当にオススメのツアーなので、シアトルに行った祭にはぜひ!

Seattle・Portland旅行最終回は、Portlandにあるスポーツブランド本社巡りについて書こうと思います。

住みたい街全米でNo 1のPortlandですが、
その魅力の一つは税金がかからないところかなと思います。オレゴン州は、買い物をした際の税金がかからない州なんです。
だから、買い物が大好きな方にはぴったりの街。

そんな街に、世界的スポーツブランドの本社があるんです。
その企業とは、NIKE
言わずと知れた大企業の本社は、どんなところなのか一目見てこようと思いPortland旅行最終日、空港に行くまでのちょっとの時間でNIKE本社に行ってきました。

NIKE本社で働く人に知り合いがいれば、普通は入れない場所を案内してもらえたりということもできたと思うのですが、今回知り合いを見つけることはできなかったので、正面玄関を見たのと、一般に開放されているNIKEの記念館のような建物だけを見学して帰ってきました。

こちらはNIKEの本社になりますので、社員の許可なく立ち入ることができない建物がほとんどです。
許可なく入ると問題になりますので、見学に行く際には注意してください。

NIKE本社の住所はこちら



こちらがNIKE本社の正面玄関です!
開放感溢れる素敵な作りです


こちらがNIKEの記念館の中にありました。車がNIKEの箱で埋まっている。
夢のような光景ですね。


そしてこちらが記念館を出たところで見えた景色です。
会社の敷地の中にこんなに大きな池があって、NIKE本社はそれだけで一つの街のような空間でした。


NIKE本社近くには、社員と社員から紹介を受けた人のみが入れるNIKE SHOPがあるそうです。
こちら噂によるとかなりお安くNIKE商品を購入できるとのことなので、NIKEファンの方は頑張ってNIKE社員の人脈を探してみるとよさそうです。

あと余談ですが、NIKE本社周辺には社員の方なのか定かではありませんが、全身NIKEで揃えた人たちをたくさん見ました。(勝手に社員かなーと思ったのですが、本社周辺を歩いている人がみんなNIKEで揃って格好いい光景でした)

そしてもう一つPortlandで訪れてみたかったのがAdidas 北米支社です。
Adidasの本社はドイツにあるのですが、北米支社はPortlandにあります。こちらもAdidas社員の許可なしにOfficeの中に入ることはできませんので、外から眺めてきただけですが。

場所はこちら

こちらがAdidas 北米支社の外観です。
NIKEとは全然違った雰囲気でそれぞれのブランドのカラーがよく出ているなと思いました。


ここを訪れたらぜひ写真を撮りたいのがこちら!
大きなAdidasの靴がオブジェとして置かれているんです。


面白い!平日だったこともあり非常に空いていたのでたくさん写真を撮りまくって帰ってきました。

Adidas北米支社もNIKEと同様社員限定のSHOPがあるそうです。
こちらも気になる方はAdidas社員を探して招待状をもらってからこちらを訪れることをオススメします。

中には入れなかったけど外から見るだけでも日本では感じられない規模の大きさを感じられたり、各社のカラーを感じられたりして非常に面白かったです。

外から見るだけなのでそんなに時間もかかりませんし、ぜひ空港に行く前に足を運んでみてはいかがでしょう?

時間が空いてしまいましたが、この前の三連休で行ったSeattle•Portland 旅行について引き続き書いていこうと思います。

今日は、Portland について!

まずSeattleからPortlandには車で移動しました。(レンタカーをして)

移動時間は、約3時間。ひたすらハイウエイを南下すれば良いので道に迷うこともないのですが、ずっと同じ景色。若干眠くなります(同乗者がマシンガントークしてくれて本当によかった。助かったよw)
ひたすらこんな景色が続きます。

3時間ドライブが終わって到着しましたポートランド!初オレゴン州。
ポートランドは、今回どうしても行ってみたかった街。
なぜならアメリカで住みたい街ランキング1位に選ばれた街だからです。これだけ広いアメリカで、1位に選ばれるのだからさぞかし良いのだろうと思い、アメリカ赴任中に絶対行ってみたい街でした。今回無事行けてよかったです。

一言でポートランドがどんな街か答えるならば、
お洒落でアートな街というのが私の感想です。

そんなポートランドをこれからご紹介します。
今回ポートランドではAirbnbを使ったのですが、そのお家の周りの景色が素敵すぎました。
その素敵な街並みがこちら。


ちょうど紅葉のシーズンだったこともあり、道が木に覆われていてトンネルのようになっていました。
静かな住宅街にあるAirbnbのお家は、なかなかよかったです。

ポートランドに行ったら欠かせないのがPowell`s city of books
アメリカ最大級の本屋さんなんだとか。

こちらは外観

最大級の本屋さんとあって、並んでいる本の数も桁外れ


そして店内が非常にお洒落で、本を眺めているだけでも何時間もここにいられるような素敵な本屋さんでした。
本屋に行ったのに本は買わず、いくつかグッズを買ってここのお店は後にしたわけですが、その後に道をぶらぶらとあてもなく歩いていると目にした素敵なアート作品。

最初目にした時は、自転車が積み上がっていてびっくりしたのですが、こういったアート作品が街のいたるところにある街でした。さすがお洒落な街!

アート作品もさることながら、街を歩いていて驚くのはカフェの多さ。
なんか甘いものが食べたいなと思っていた時に出会ったのが、チョコレート専門店!   
その名もCacao
思わず入りました。 お店のホームページ


ここで飲んだホットチョコレートが絶品だった!カフェが点在するこの街であえてコーヒーではなくホットチョコで一息というのもいかがでしょう?

夕飯は、ポートランド在住の友人がオススメしてくれたこちらのお店に行ってきました!
お店の名前は
Salty`s on the Columbia River

こちらはシーフードがメインのお店でどのお料理も本当に美味しかったのでポートランドに行った際にはぜひ!!周りはBirthday Partyをやっていたり、デートと思われるカップルがたくさんいたりと、ポートランドに住む人も特別な日に来る場所のようです。お店のホームページ

食べた料理をご紹介します。


カラマリ

シュリンプカクテル(このエビがプリプリで絶品!)

お店の人が今日のオススメだよ!と出してくれた。Market Price(時価)でした。
殻を割って食べるのが大変だったけど、これも本当に美味しかった!

素敵な街ポートランドの滞在は約1日と短く、まだまだ行ってみたいカフェもBreweryもたくさんあるのでまた機会があったらぜひ行ってみたい!

そう思える素敵な街でした。

先日のコロンブスデーで、アメリカは三連休

三日休みがあれば旅に出る

が、私のモットーなので三連休を利用してSeattle とPortland に行って来ました。

日程はこんな感じ

[1日目]
朝6:50SFO発の飛行機✈️で、Seattle へ
9:00 Seattle 着
10:00 Seattle 市内のホテルにチェックイン
Starbucks 一号店、Pike Place Market 等市内を観光(詳細は後ほど)
Seattle 泊

[2日目]
午前中Seattle 観光
お昼頃レンタカーにてPortland に出発🚘(所要時間3時間)
16:00 Portland 着
市内観光(詳細は後ほど)
Portland 泊

[3日目]
朝からPortland 観光
夕方の便でSFに帰宅✈️

今回の旅行の総評
ビールとコーヒーの街Seattle は、カフェ巡り、brewery 巡り好きにオススメの街でした。
住みたい街ランキング1位に選ばれるPortland は、選ばれる理由がわかるなと思えるほど落ち着いていて、可愛らしい街でした。

それではまずシアトルのハイライトを。

Starbucks 一号店
シアトルといえばスタバ発祥の地。
一号店の前には長蛇の列なのですぐに見つかります。店員さんに中に入るまでにどのくらいかかるの?って聞いたら15分くらいよっていうので、並んでみましたが結局30分くらい並んだよ...

スタバ一号店のロゴは、現在のスタバとは違う茶色いロゴで、店内では一号店限定のグッズが買えたり、限定のコーヒー豆が買えたりします。スタバ一号店に並んでるのは日本人ばかりっていう記事をどこかで読んだのですが、私が行った時には、私たち以外日本人は並んでおらず、そもそもシアトルで殆ど日本人に会わなかったです。時期の問題かもしれませんが。

もちろんスタバなので飲み物も売っていますが、店内で飲む場所はなく持ち帰り専用です。
=========
Location
1912 Pike Pl, Seattle, WA 98101

場所はこちら

=========
スタバ一号店の向かい側にあるのが
Pike Place Market 
花や魚、洋服までいろいろなものが売っている市場です。
一番面白かったのが魚屋さん。

魚が投げ飛ばされて宙を舞ってました🐟

Pike Place Market の外れの方にあるのがちょっと気持ち悪いけど一見の価値はある
Gum Wall
名前の通り、人が食べたガムが壁に貼られて一つの芸術のようになっている場所です。
この色とりどりのは食べ終わったガムなんです。近くで見ると気持ち悪いけど遠くから見ると確かにちょっと綺麗⭐️(こんなに色とりどりのガムがあることにも驚きです)

近くのお店でガムがたくさん売っていて、そこで買ったガムをこの壁に記念に貼ることができます(笑)

=========
Location
1428 Post Alley, Seattle, WA 98101

場所はこちら
=========

シアトルはスタバ一号店の他にもたくさんのカフェが。
そんな中、世界一美しいスタバとも言われている高級スタバがあるということで行ってきました。
店内で焙煎しているスタバは確かにここだけかも。
コーヒーの飲み比べができたり
スタバとは思えない高級感にびっくりしました。
コーヒーを飲んでみたかったのですが、あまりの混雑ぶりに諦めて違うお店に行きました。
=========
Location
1124 Pike St, Seattle, WA 98101
場所はこちら
=========

シアトルに行ったら是非行っておきたいのが
Underground tour
今回の旅行の中でも私のイチオシです!
(事前にネットで買うことで少しだけ当日買うより安く買えます)
Seattle は、約150年前に大火災があり、火災後の再建の時、旧市街地の一階にあたる部分を埋め立て、二階から新たな街を作ったそうです
(旧市街地が坂を登って下りたところにあり水を引くのが大変で大火災につながったため再発防止の意味があったようです)

そのため旧市街地の一階部分は現在地下に埋もれて下り、その地下の様子を見て回れるのが、このUnderground tour です。

地下に埋もれた旧市街地を見た最初の感想はサルの惑星の世界みたい
という陳腐なものでしたがw、ほんとに面白かったです。
大火災で埋もれたかつての街をツアーとして開放するという考え方もアメリカらしくてよかったです。

説明してくれるガイドさんが早口で長々と話すので英語に自信がない方はちょっと厳しいかもしれません。

そして最近オープンしてシアトルの新名所として人気があるのが、ガラスの美術館
Chihuly Garden and Glass
写真映えする素敵なガラスの作品をたくさん見ることができました。


このガラス越しに、オレンジの花とSeattleのシンボルであるスペースニードルを一度に写真に収めることができ、オススメだそうですよ!(美術館にいたスタッフ談)
開園時間が11時から、と少し遅めではありますがシアトルの新名所は本当に綺麗なガラスの作品をたくさん見れるのでオススメです!
=======
Location
305 Harrison St, Seattle, WA 98109
場所はこちら

=======

このページのトップヘ