makoのアメリカ奮闘記

アメリカ・サンフランシスコに単身赴任中 アメリカ赴任までのいろいろなこと・アメリカでの生活のことをまとめていきます。

カテゴリ: Barkley/Oakland

アメリカで蕎麦を食べれる日がくるなんて思ってもいなかったわけですが、最近オークランドに蕎麦屋さんが開店したとのことで行ってきました。

名前はSoba ichi 場所はこちら
IMG_3391
周りの少し治安がすこし悪い場所にありますので、車で行く際には、車の中にものを置いていかないなどアメリカ生活では基本ではありますが注意してください。
IMG_3388
外観だけ見ると蕎麦屋だとは思えない...


お店が空いているのは、お昼間だけ。(11時開店)
しかも蕎麦がなくなり次第Closeということで一応お店自体は14時まで空いていることになっていますが、休日はもっと早くお店がCloseするようです。

私たちは、土曜日に行ってきました。駐車場はなく、路上駐車することになります。
開店前から並ぶ・かつ蕎麦がなくなり次第Closeと聞いていたので、11時開店のお店に10:30に到着
すでに人の列が!
IMG_3389
待つこと30分。お店が開店
お店自体は結構広く、外にもテーブルがあるので暖かい時期なら外で蕎麦を食べることもできるようです。

メニューはこちら
FullSizeRender
メニューに日本語表記もあることにも感激

十割蕎麦と二八蕎麦の二種類の蕎麦がありました。蕎麦の他にも一品メニューも充実しており、日本人としては嬉しい限り。

出し巻き卵と二八蕎麦の天せいろを注文
FullSizeRender
IMG_3395
天ぷらがサクサクだし、蕎麦の茹で加減も絶妙だし非常に美味しかったです。私には少し蕎麦のつゆが濃かったように感じましたが、アメリカでこのクオリティの蕎麦がたべれることに非常に満足です。

またこよう!

今日Oakland Museum of California に行ってきました!


こちら入場料は、いつもは$15.95するのですが、毎週金曜日の夜5時以降 は半額になります。半額なのはかなりお得なので私はこの時間を狙っていってきました。同じことを考えてる人はたくさんいるようで、17時過ぎのチケット売り場はかなり混んでました...(各展示場所はそんなに混んでなかったです)
料金の詳細はHPにもありますが、こちらにスクショも載せておきますね

今回こちらを訪れた一番の目的は、今だけやっている特別展"Dorothea Lange"の写真展を見に行くことでしたが、折角なので常設展も含めて全て見てきました。

まずは今回の目的でもある"Dorothea Lange"展について。
Dorothea Lange は、大恐慌の頃の報道写真家です。
私はもともと報道写真というものにすごい力を感じています。
日本にいた時毎年必ず足を運んでいた"世界報道写真展"
それを初めて見た時、一枚の写真から伝えられる情報量の多さに驚いたのを今でも覚えています。
仮に言葉が通じなくても、説明文がなくても、一枚の写真からその当時の状況や写っている人が感じているであろうことを知れる。それがたった一枚の写真から!というところが私の報道写真に魅力を感じているポイントです。(文字よりも印象にずっと残り続けるという点もすごいと思う)

そんなわけでどうしてもこの写真展にもいきたかったわけです。
写真展の規模は大きくありませんが、非常に印象に残る写真展になりました。

もちろん大恐慌の頃の様子が映し出された写真たちも勿論印象に残ったのですが一番印象に残ったのは、ルーズベルト大統領がおこなった、日系人迫害の写真たちです。

本物を自分の目で見て欲しいので写真は一部のみ載せます。
日系人の子供たちにタグがつけられ、人としてではなくモノとして扱われている様子。

そして写真展の最後にはメッセージがありました。
トランプよ。同じ過ちを繰り返すのか
と。
こんな政治的なメッセージが書かれている公立の美術館は日本にはなかなかないと思います。
そして、この日系人の迫害の報道写真を見ると同じ日本人として心が苦しめられます。また今でも同じような状況が世界で続いているという事実に、報道写真の意義を強く感じた次第です。

そんな真面目なことをツラツラと書いていますが、これは本心だし、笑い事じゃない。

そして続いて常設展について。
日本の美術館の規模で考えると痛い目にあいます...
ここはアメリカ
なんでも規模が違うんです。
常設展は
  • History 
  • Art
  • Nature and science 
の三つのエリアがありどれも見応え十分です。
Nature areaにいたグリズリーベアーの標本
Art areaの素敵な作品

金曜日の夕方5時以降は半額というのをうまく使って常設展および絶対に行きたかった報道写真展までを見れて大満足な金曜の夜でした。

皆様も行くなら是非金曜の夕方5時以降に!

アメリカの代表的な食べ物の一つにMac Cheeseがあります。
日本ではあまり馴染みのない食べ物ですが、マカロニとチーズを混ぜた食べ物です。(あえて言うなら、グラタンの中身って感じかな)

アメリカでMac Cheeseは結構どこでも食べれて、Whole FoodsのDeliにも置いてあったりするんですが、この美味しさがピンキリなんです。

マカロニの原型を止めいていないほど、ぐちゃぐちゃになってチーズと混ざっているものもあったりします( DeliのMac Cheeseはだいたいこれ)
でも人の好みにもよるので、柔らかくなってチーズと混ざった具合が好きという方もいるのですが、今回は、Mac Cheeseの名店と同僚から聞いたHomeroomに行ってきました。

 Homeroomの場所はこちら 
オークランドにあるこちらのお店。駐車場はありません。路上に停めればいいのですが、アメリカ路上駐車はいつも道にいっぱい停まっているんですよね。空いている場所に停めたら、そこは駐禁で罰金を取られたりなんてこともよくあるので、私はこちらの駐車場に止めました!ここ! 

だいたい駐車場からHomeroomまでは徒歩10分くらいです。
ここの何が良いかというと、土日は駐車場代がタダです。 
なので罰金の心配とかするくらいならこちらの停めた方がいいかなと思いました。(平日はDaily $3だそうです)

さてさて。お店のご紹介
IMG_0983

お店の外観はこんな感じです。お昼過ぎ(13時頃)に行ったのですが、並んでました。でも、10分くらい並べば入れたので日本と比べると大したことないかな。

こちらはメニュー
IMG_0979

Mac Cheeseが有名なお店なので、Menuの片面は全てMac Cheeseでした。(裏面には他のMenuもありましたよ!)
私は、Classic Mac CheeseにSpinachとGriled Chickenを追加しました。
それがこちら!
IMG_0982

美味しそう!
実際にも美味しかったのですが、その前にすごい量!これで一人分とは。。。
マカロニの茹で具合も絶妙で今まで食べたMac cheeseの中で一番美味しかったです。

もちろん一人では食べきれなかったので、boxを貰い持って帰ってきました。
IMG_0984

 Boxもかわいいですね。本当にアメリカのBoxシステムには助かってます。食べきれなかったものを無駄にしないっていう所に関しては日本を見習うべきなのではと思います。 

アメリカならではの食べ物Mac Cheese
アメリカに旅行に行ったからには食べてみたいという方もいるかもしれません。そんな方にはぜひ美味しいMac Cheeseを食べていただきたい。

San Francisco市内からだとBartでもいけます。車では30分弱なのでUberで行ってもいいかもしれません。
ぜひ!本場のMac Cheeseを堪能あれ!
 

このページのトップヘ