makoのアメリカ奮闘記

アメリカ・サンフランシスコに単身赴任中 アメリカ赴任までのいろいろなこと・アメリカでの生活のことをまとめていきます。

カテゴリ: 観光


サンフランシスコ市内から車で1時間ちょっと北に行ったところにあるPoint Reyes National Seashoreに行ってきました。

サンフランシスコはFogで有名な街な訳ですが、そのすぐ北側ということで、一年のうち8割くらいはFogがかかっていて何もみえないのよ!という情報を同僚から聞きつつ、あとは運任せということで行ったら見事に快晴!行く時は天気予報を確認してから行くことをお勧めしますが。。。

Point Reyesで有名な見所はいくつかあります。
まずはこちら

Point Reyes Shipwrecks (MAP)
難破船が見れる場所です。なぜここに難破船があるのか説明書き等は何もなく、ただポツンとある難破船。理由を調べてみようと思いつつまだ調べられてないので、調べたらこちらのページも更新します。

この難破船の写真は、いろんな人が撮っていて、行く前から何度も見たことがあり、すごい大きな船があるんだろうなと想像していたものの、思っていたよりすごく小さい船が、突然ポツンとあり、かなり不思議な光景でした。ただ写真映えはするし、Point Reyesに行ったら外せない場所の一つであると思います!

FullSizeRender


続いては
Cypress Tree Tunnel (MAP)
IMG_4574
行った日はちょうど結婚式の前撮りをしていて花嫁さんが何人かいましたが、結婚式の写真撮影にもぴったりな素敵な場所でした。

最後は、Light House (MAP)
Point Reyesといえば一番有名なのがこの灯台だと思うんですが、まさかの2019年3月まで工事のため閉鎖w なのでLight Houseは見えず(また行かなくては。。。)
IMG_4622

Light House自体はいけませんでしたが、近くまで車で行くことはできそこから見る景色がすごくよかったので、まぁよしとします。
IMG_4512

Point Reyesは、トレッキングコースも多く散策することも可能な場所ではありますが、車でまわるだけでも十分楽しめるだけじゃなく、サンフランシスコから半日コースでいける場所というところが何よりの魅力だと思います。

今の時期は少し寒過ぎたけれど、もう少し暖かくなってLight HouseがOpenしたら再度行こうかな!





たまに日本に帰るときアメリカからいろんなお土産を持って行くのですが、日本の家族、友達から評判のいいものをまとめました!

帰国の際、旅行のお土産を検討する際の参考になれば!

1: Bath & Body works のアイテム
Bath & Body worksは、日本に未上陸のバス用品を扱うお店。
いろんな匂いのハンドソープや、ハンドクリーム、ボディークリーム等が売ってます。

パッケージも可愛くて、女の子には評判がいいです!
4つ買うと一つ分タダになる!といったまとめ買いセールをいつもやっているので日本に帰る前はここでハンドソープとハンドクリームのまとめ買いをします

2: Napa / Sonoma wine
カリフォルニアワインは日本でもかなり人気で、日本でNapa や Sonomaのワインはかなり高いのですが、サンフランシスコでは日本の値段の半分から2/3程度の値段でワインが買えるんです!(といってもこちらでもいいワインは高価ですけども)

でもやっぱり美味しいワインを安く買えるということで、ワイン好きな友人や家族に買って帰るとかなり喜ばれます。

Duckhornは、日本で取り扱ってるお店が少ないそうで買って帰ると喜ばれます。
Duckhorn と同じブランドで、テーブルワインとして、より低価格で販売されているDecoyはお値段もお手頃で、日本ではあまり売っていなくて良さそうです。
ワインは申告なしに日本に持ち込める本数には限りがありますので、持って帰る際には、お気をつけて!

3: コーヒー豆
コーヒー豆の種類は圧倒的にアメリカの方が多いかと。
私はコーヒーに詳しくないので、いつもWhole Foodsでいくつかパッケージで適当に選んで買っていきますが、評判がいいです。

4: メキシコ産コカコーラ
世界一美味しいコカコーラと呼ばれているメキシコ産のコカコーラ
コカコーラは、生産する地域によって使用する甘味料が異なるので、生産国によって味が違うんだとか。
メキシコ産のコカコーラは、砂糖を甘味料として使っているので、世界で一番美味しいと言われているんだそうです。

日本ではなかなか買えないメキシコ産コカコーラなのですが、アメリカにとってメキシコは隣の国。
スーパーでメキシコ産のコカコーラは簡単に買えます。
見た目は、瓶に入った普通のコカコーラですが。

コカコーラ好きには喜ばれる品です(しかもお土産としても安くてお手頃。ちょっと重いけど)

5: ピーナッツバター味のオレオ


オレオは日本でも普通に食べられるものなんですが、このピーナッツバター味のオレオは日本では売っていない気が。
他にもアメリカには、味は普通のオレオと一緒だけど色がピンクだったり、黄色だったりするオレオや、チョコミント味のオレオが売っていたりしますが、一番私が大好きなオレオがこのピーナッツバター味。

そして他のカラフルなオレオより、このピーナッツバター味のオレオが日本の友人にも喜ばれます。

日本のような小さいサイズでこのピーナッツバター味のオレオを見かけたことがないので、職場とか大人数でShareできるような場所に持っていくお土産としてこちらのオレオはぴったりかもしれません!

毎回帰るたびに新しいアイテムを持って帰り周りの反応を確かめているので、また新しいアイテムがあった場合こちらを更新します!

7月23日(日)にサンフランシスコマラソンに参加してきました。

今年は大会40周年という記念の年。

そしてこちらの大会に応募したのは、サンフランシスコに赴任してすぐ去年の12月頃だったような。サンフランシスコに住んだ記念にと思って応募して、出るか出ないか最後の最後まで迷った結果、せっかくだし出てこよう!という気持ちで走ってきました。

今日はその感想を。

まずサンフランシスコマラソンですが、種目はフルマラソンだけではありません。
  • ウルトラマラソン
  • フルマラソン
  • ハーフマラソン(1st, 2ndの二種類のコースがあって、フルマラソンの前半半分を走るコースと、後半半分を走るコースがある)
  • 5km

種類としてはこの5つ(距離としては4つ)あります。
私はこの中で一番短い5kmに参加してきました。

去年北海道マラソンの11.5kmの部に参加しておいて今年はその半分以下!という距離でなんの成長も感じられない選択なんですがw。

来年は、ハーフに出ようと思ってますよ。

サンフランシスコマラソンの醍醐味は、サンフランシスコの街を象徴するかのようなUp Downの激しさ(サンフランシスコの街には坂が多いので)と、サンフランシスコといえば忘れてはならないゴールデンゲートブリッジを往復できるという所だと思います。

まぁこの醍醐味を堪能できるのもウルトラマラソンとフルマラソンだけなのですが、来年はまずハーフ。
そして帰任までにはフルマラソンに一度は出ていみたいものです。

そんな来年の目標はさておき。

まずBib(いわゆるゼッケン)を受け取りに金曜日に行ってきました。
Bib及びTシャツを受け取れる場所では、いろいろなランニンググッズを販売しており、大変な賑わいでした。

この奥の建物がbib受け取り会場です。

中はこんな感じ


40周年ということで今年のデザインはこんなものでした。

ゼッケン、Tシャツを事前に受け取り、いざ当日!

なんとレースは7:45から(早いよ...眠いよ...)
フルマラソン、ハーフマラソンはもっと早い開始時刻でしたけどね。


こちらが5kmのスタート地点。
5kmなので、ランナーの年代層も本当に幅広かったです。
"97歳。まだ現役!"って書いたTシャツをきたおばあちゃんが走っていたり、子供も走っていたり、ベビーカーを押しながら走っている人がいたり、5kmはサンフランシスコの街並みを楽しむイベントといった感じでした。

スタート前の様子
こんなところを走りました。
5kmとあって走り始めたらあっという間に終わりましたw

そんな5kmの部なのですが、なんとメダルをもらえるんです(参加賞としてゴールした人全員に)
こちらがそのメダル!なんともかっこいい!このメダルをもらえた瞬間、あー出てよかったなと思いました(単純)

ゴールの近くではこんな場所があり、beer garden があったりとサンフランシスコマラソンは走った後も楽しめる場所となっていました。

マラソンを走ったよ!なんて大きな声では言えない距離しか走っていないわけですが、これを機に日頃から走ることにしたいなと。

それと今回海外のマラソン大会に出てみて(ただ住んでいる街のマラソンに出ただけなんですが)マラソンに出るというのを目的にいろんな街に旅行にいくというのは、アリだなと感じました。

ただ旅行にいくというのもいいんだけど、マラソンついでに観光も!ってなると、日頃不健康な私も運動をして、しかも大好きな旅行までできて、一石二鳥!ってことに気がついて妙に納得w

ということで、これからアメリカ国内?のマラソン大会を調べつつ、帰任までの数年間にいろんな大会に出て、いろんな街にいければいいなと思っています。



世界各地にあるHard Rock Cafe
その中でも世界に何箇所かにはHard Rock Hotelというものが存在し、Hard Rockの世界観を宿泊しながら楽しめるホテルがあります。

そのうちの一つがLas Vegasにあるので今回宿泊してきました。
IMG_2432

ホテルの位置口には大きいギターの看板とHard Rockのマーク
ドアを開けた位置口の所にも大きなマーク(格好いい!)
IMG_2433


予約していた部屋はいわゆる一番安いシングルの部屋。
だけどチェックインの際に、今日は予約がいっぱいでスイートルームしか空いていないから、Additional Chargeなしでスイートルームに泊まってねと言われまさかのスイート!
日頃スイートルームに泊まることなんてない庶民としては大喜びです。
IMG_2412

ベットでか!
IMG_2413

部屋にテレビは二つもあったよ。部屋広い!
IMG_2414

お風呂も贅沢!
IMG_2419

そしてエレベーターは真っ赤!
IMG_2423

部屋の中には飲み物や、お菓子も置いてありました。お菓子のデザインまでHard Rock Cafe
だがしかし・・・!注意書きをよく見ると
If you remove an item you will be charged の文字が。そうです。仮に食べなくてもこのお菓子は持ち上げると、ロックがかかるようにできていて、自動でチャージされるのです。

よかった。持ち上げる前に気がついて。と庶民な感想を持ちつつ引き続き部屋のご紹介。
IMG_2429

部屋にはPortまでありました。さすがHard Rock Hotel

もちろんLas Vegasのホテルなのでカジノもありました(カジノは撮影禁止なので写真はありません)
プールも複数個あり、ホテルの中だけで一日中楽しめる
そんな素敵なホテルでした。

グランドキャニオンの帰りは、夜が遅く一泊しないといけなかったので、泊まったのがHard Rockだったのですが、もっと長くいたかった。。。(しかもスイートだし)



少し前になるのですが、NBAの試合を見てきました!
迫力があり、ナマのバスケの試合は非常に楽しかった!
でも日本と一番の違いを感じたのは、Gameの魅せ方かなと思いました。

試合の内容も選手のレベルも違うのかもしれないけれど、試合の合間の時間を含めて、観客に楽しんでもらうということに徹底しているなとアメリカの試合を見て感じました。

そういう違いを感じられたのもテレビじゃわからなくて、実際に足を運んでその場で体験できたからわかったことなのでいけて本当によかった(チケット高かったけどね。。。)

合間の時間にホットドックを買いにくのをためらうくらい、毎回面白いイベントがあったり。
そんな合間にとった子供達のダンスです。(真ん中で一人踊る男の子が私の中ではツボでした。)

このページのトップヘ