先日コロンビアで、日本人の方が殺害されたという事件がありました。
謹んでお悔やみ申し上げます。

ニュースを見る限り、タブレットなどの所持品を盗まれ、それを追いかけた時に射殺されたというのが事件の概要のようです。

確かに日本だったら、盗まれることも少ないし、仮に盗まれたとしてその人を追いかけても、ひどくて殴り合いの喧嘩くらいにしか発展しないでしょう。

でも多くの海外では違います。
私がスペインに留学していた頃、ナイフを突きつけられお金を出せと言われたことがあります。(近くに私服警官がいて何も取られずに済みましたが...)

留学中に周りから言われていたのは、スリにあったことに気がついても、騒がない、追わない。
お金を出せと言われたら素直に差し出す

これが基本だと。

スリに合うのも、お金を出せと言われたのも運が悪かったのだと思うこと。
命より大事なものはないんです。

仮に所持金が全部なくなってもなんとかなります。

でもスリに合わないようにすること、恐喝されたいようにする工夫はあると思っています。

まず海外で、携帯やタブレットを見ながら歩くのはやめたほうがいいです。
そういうものはカバンにしまい、持っているということがわからないようにすること。

スリにしても、取られやすいところに財布を置かない。カバンの口は常に手で押さえておくといった対応はすべきです。

日本は平和ボケ、安全ボケしている節があります。
こんな偉そうに書いているけれど明日私もスリや恐喝にあっているかもしれません。
だから毎日気をつけよう。
自分に言い聞かせるためにもここに書きました。