makoのアメリカ奮闘記

アメリカ・サンフランシスコに単身赴任中 アメリカ赴任までのいろいろなこと・アメリカでの生活のことをまとめていきます。

2018年08月

せっかくサンフランシスコに住んでるので、会社以外にも人の繋がりが作れたらいいなと思って、たまに参加しているmeet up

今日はサンフランシスコでどうやってmeet upを探して、参加しているかということを書こうと思います。

Meet upは、たぶんサンフランシスコのどこかで毎日やってます。そのくらい数が多い。
でも内容は本当にピンキリで、変な勧誘に乗らないようにするとか、良し悪しは自分でしっかり判断したほうが良さそうです。

私はMeet upというアプリを使って探しています。
アプリ詳細はこちらから
IMG_2998
今回参加したのは、ベイエリアで働く日本人(日本語が喋れる人)が集まるというもの。
なので、サンフランシスコに住みつつ日本人だけで集まるというアメリカに住んでる意味ある?っていうようなMeet upではあるんですが、たまには仕事以外の人と日本語で話したいなっていう
思いで参加してきました。

こういうのに参加すると意外なところから、仕事のオファーがきたりして、やっぱり人脈って大事だなーって思ってます。

今回のMeetupは、「ベイエアリアで働く日本人」ってことだけど働き方・働いている理由は人それぞれ。私みたいに海外赴任でベイエリアにきている人もいれば、大学留学できている人もいる。
配偶者がアメリカ人で、移住したって人もいるし、夢を追ってベイエリアに飛び込んだ人もいる。

ベイエリアで働く理由は人それぞれだし、その理由を他人がどうこういうのは間違っていると思うけど一つ思ったことを書きたいです。

こういうMeet upに行くとよく出会うのは、アメリカで働くには英語が必須だから英語力をあげるために、日本の仕事をやめて語学学校にきたという人。

英語ができればアメリカで仕事も見つかるし、無敵になれると思っている人が結構多いことに、愕然とします。

そういう人たちは、語学学校が終わった後は、身についた語学で、アメリカで仕事を探す(VISAサポートもしてくれる会社)というのが流れなんですが、

アメリカで働こうと思った時、英語は話せて当たり前。
英語が喋れるからプラスになんてならないし、逆に英語が話せなかったらそもそもスタートラインにすら立てない。

語学学校にはスペインで行っていたことがあるから少し様子はわかるけど、語学学校で得られるスキルなんてたかが知れてて、語学学校に何年行こうとビジネスレベルで話せるようになる人は、わずか。

特にベイエリアは、世界中から人が集まる場所だから、自分と同じレベルのスキルを持っている人はたくさんいると思ったほうがいい。

採用する側の人が、その人たちの中で一人だけ選ぶとなった時、英語がNativeに話せて、VISAの問題もない人を選ぶに決まっている。(VISAサポートは、企業側にも負担がかかるし採用するまでに時間がかかる)
だから英語が話せれば無敵になれるっていう考えはそもそも間違ってるんじゃないかな。

語学学校に行った後、日本に帰って仕事を探すとなれば話は少し違うのかなーとも思うけど。
でも英語だけ話せてもキャリアがなければやっぱり日本であっても難しいのかなとも思う。

人生を変えにきて、違う意味で人生が変わって帰国していく人が多すぎて、もう少し行く前に情報収集すればいいのになと思うことが、よくあります。

ちょっとMeet upの話からはずれましたが、Meet upはこれからもたまに参加し、ベイエリアの交友関係を広げていければなーと思ってます。






久しぶりにトレジョの冷凍食品を買ってみました。
今日初めて買ってみたのはこちら!
Turkey Corn Dog
FullSizeRender
中には4つコーンドックが入ってて$2.99
安い!
IMG_2894

作り方もいたって簡単

箱から一つ取り出し、電子レンジで1分温めれば完了です。

外で食べるコーンドックより若干小ぶりですが、おやつに一つ食べるにはちょうどいい大きさ

味も美味しかったです。

ただケチャップは、箱に入っていないので自分で別途用意する必要があります。

作るのも簡単だし、これは冷凍庫に常備だなぁ

ベイエリアは、アメリカの中でもラーメン屋さんの数がすごく多い地域だと思います。
それだけ住んでる日本人の数が多いということもあると思うけど、日本人以外にもラーメンって人気な気がします。

今回言ったのは、サンマテオにある味千ラーメン
総合評価は 
☆4です!(Max5) 


熊本ラーメンのお店です。
まず最初に驚いたのが値段。アメリカでラーメンを食べようとすると日本の倍の値段はします($12-13くらい)
IMG_2874
一番ベーシックなラーメンであろう味千ラーメンは、まさかの$8.95
安い...!! とりあえず初めて来たので一番基本的な味千ラーメンを注文。あと餃子も頼もうとしたら売り切れで、唐揚げも注文

FullSizeRender
こちらが味千ラーメンです。熊本ラーメンを日本で食べたことがないので、イマイチ熊本ラーメンがどういうものなのかはわからないのですが、すごく美味しかったです!
麺の細さも柔らかさもちょうどよく私は好きでした。そしてなにより値段もお財布に優しいw

唐揚げは写真を撮り忘れましたが数も多く美味しかったです。でも唐揚げは別に安いわけでもなく、今度行ったらもう頼まなくてもいいかなw

アメリカで行ったラーメン屋さんの中では、結構上位にランクインするラーメン屋さんでした。

また行こう



シアトルといえば、Amazonの本社がある街でもあります。
今回の旅行でやりたかったことの一つ

Amazon Goに行ってきました!

Amazon Goは、まだシアトルに1店舗だけしかない、Amazonが出店したコンビニのようなお店です。
何がすごいかと言うと、会計をするレジがないこと。
お店で買いたい商品を取って、ゲートを通ると自動で会計が済んで、Amazonのアプリと紐付けているクレジットカードから自動で引き落とされます。

なんと画期的!

今はまだ1店舗しかないけど、このようなお店が普及すれば無人で24時間営業のコンビニが出来上がりそう。そしたら24時間営業のコンビニのないアメリカの生活がもっと便利になるのかなーと思ったり、在庫管理も自動で行われるから、今まで人力でやってきた部分が機械化されてもっと効率的になるのかなーと思ったり、夢の膨らむお店でした。

それではAmazon Goに実際に行ってみたレポートを書こうと思います。

まずAmazon Goに行く前には、アプリをダウンロードしておく必要があります(無料)
Android 版
iOS版

ちなみに私は友人3人と計4人で行ったわけですが、1グループに一つアプリがあれば入店可能です。
ただアプリ単位の会計になるので、別々の会計にしたければ、一人一つアプリをダウンドーロしておく必要があります。

アプリはAmazon accountでサインイン可能です。

サインインするとQRコード画面が開かれます。そのQRコードを使って入店します。
ちなみにさっきブログ用にスクショを取ったんですが、スクショでは入店できないそうです。
セキュリティー上そうしているのはわかるけど、すごいな。どうやってわかるんだろう。。。

お店の外観はこんな感じ。
IMG_2584

入り口にはゲートがあります。
このゲートに先ほど入れたアプリをかざせば入店可能です。

お店の中は、普通のコンビニと何一つ変わりませんでした。
IMG_2588
食べ物や飲み物が売っていて、欲しいものを取って袋に入れるだけ。

お酒も売っていました。
違う人の記事では、お酒売り場のところには人が立っていて、年齢確認をされると書かれていましたが私が行った時には、店員はいなかった・・・。
お酒の年齢確認に関しては日本以上にうるさいアメリカ。

Amazon Accountが年齢と紐付いているとはいえ、1アカウントで複数人入店できるわけなので、どうやって年齢確認しているんでしょう。カメラの年齢識別を使っているのかなー。不思議。
せっかくなら買ってみればよかったなぁ(21歳は、とっくに超えているので買ってみたところで、仕組みがわからない可能性もありますがw)

ゲートを通って精算が終わり、20分後くらいにAmazon Go appに精算完了のお知らせがきます。
お店を出てから20分経っているわけなので、仮に精算が間違っていてももうお店にはいないし、どうするのかなとちょっと心配にはなりましたが、私の場合精算は正確にあっていました。

Amazon Go限定商品は、マグカップとチョコレート・水筒くらいで数は多くなく、Amazon Goに売っている商品自体は、他のアメリカのスーパーに売っているものと値段も内容も変わりません。

ただ無人で、ゲートを通っただけで自動で精算されるという仕組みには、近未来感を感じるのと同時にAmazonってすごいなという感想を持ったのが正直なところです。



周りからの評判が高いBoeing社の工場見学に行ってきました。

IMG_2541


Boeing社の工場は、シアトル市内から車で30分ほど行ったところにあります。


ちなみにlargest factory in the world だそうですよ!


工場見学は、予約制でチケットが余っていれば当日券での参加もできますが、私が行った日はSold outだったので予約して行った方が良いかと。

予約はこちらから


私の周りでは、このツアーの評判が非常によくずっと気になっていたのですが実際に行ってみて思った以上によかった!
アメリカで行ったいろんなツアーの中で一番よかったです。とてもおすすめ!

工場見学は、90で一切の荷物の持ち込みが禁止されています。身長制限もあるので、お子さんも参加される際は確認が必要です。

(入り口に、無料のロッカーがあってそこに全てを預けることができます)

そのため工場見学中の写真はありませんが、感想をいくつか。


  • 飛行機を作る工程は驚くほどに自動化されていない


一年に作られる飛行機の数がそんなに多くない、かつ、航空会社によってカスタマイズも多いので自動化しても採算が取れないのかも


  • 飛行機の部品のいくつかは、日本製のものがあり、(川崎重工とか、富士重工とか)日本も頑張ってるなって思うと嬉しかった


Boeingが飛行機全部を作っているのかと思ったけど、Boeingは、いろいろな会社が作った部品を合体させて飛行機として完成させているところなんだと気がつきました。
Boeingの飛行機が完成するためには世界各国のいろいろな企業の力がないと出来上がらない。そのうちの一部は日本の企業が支えているって思うと、飛行機の見方もちょっと変わった気がします。
  • 工場の稼働している状態を見たかったら平日に行くべき
私は土曜日に行ったので、工場自体はおやすみ。ツアーはやっていて、工場内で作っている途中の飛行機を見ることはできるのですが、実際に作っているところ(工場が稼働しているところ)は見れませんでした。平日にくるともっと活気があって、実際に人が働いているところも見れるのよ!とツアーの説明員の方も言っていたので、もし平日に行くことが可能ならば平日の方が、もっと面白いかもしれません。

工場には併設されてグッズを買えるショップもありました。
Boeing社のTシャツや飛行機の模型等々が売っていて欲しいような気もしたけど、Tシャツは山ほど持ってるし、飛行機の模型はどの機種にするか決めきれず結局買わず
IMG_2543
買ったのはこちらのStickerです。なんともJokeの効いたいいフレーズ(笑
IMG_2542

本当にオススメのツアーなので、シアトルに行った祭にはぜひ!

このページのトップヘ