makoのアメリカ奮闘記

アメリカ・サンフランシスコに単身赴任中 アメリカ赴任までのいろいろなこと・アメリカでの生活のことをまとめていきます。

2017年09月

トレジョに行って今回は冷凍chicken シュウマイを買ってきました!

シュウマイに、chickenなんてあるの?と日本人としては驚きなのですが、試しに買ってみました。

見た目はこんな感じ
外観は、porkシュウマイとほとんど変わりませんね。

しかし箱を開けるとびっくり
porkシュウマイとは、シュウマイの入っている数も大きさも全然違うんです。
中身はこちら
porkシュウマイの時は9個大きいシュウマイが入っていたのですがchicken シュウマイは、小さいのが18個!

そしてchicken シュウマイには、醤油風味のソースまで付いてました!

お肉の種類が違うとシュウマイの大きさも違うのね!もびっくりしました笑

作り方は、porkシュウマイとほとんとおなじで、食べたい数お皿に取り出し、ラップをかけて2-3分温めるだけ。
出来上がりはこちら!
醤油風味のソースをかけなくても味がしっかりしていてすごく美味しかったです。
一つ一つのシュウマイが小さいこともあって、一口で食べやすいシュウマイでした。

Chicken シュウマイを食べるのは初めてでしたが、私はporkシュウマイより好きかな!と思えるほど美味しかったです。

まだ残り半分が残っているので、それは明日の楽しみに...

サンフランシスコから車で1時間ほど走ったところにある国立公園 Muir Woods National momentに行ってきました


ここはスターウォーズバトルフロントの舞台になったことでも有名で、スターウォーズファンなら是非行きたい場所でもあります!

土日ということもあり大勢の人で賑わっていました。

世界で一番背の高い木Redwood が生えていることでも有名な場所です。
散策路は木の板が貼ってあり、非常に歩きやすい作りとなっていました。
写真には収まりきらないRedwoodの木の高さでしたが、世界一高いだけあるRedwoodの森は圧巻でした。やはり写真ではこの凄さが全く伝わらないので、実際に見て感じていただくのが一番だと思います。

散策コースを一周ゆっくりまわっても1時間ちょっとで戻ってこれ、アップダウンもあまりないコースなのでお子さんやお年寄りも安心して散策できると思います。


ちなみに今回現地ツアーに参加し、Muir Woodsまで行ってきました。参加したツアーはこちらになります!半日でサンフランシスコに戻ってこれて、説明も聞けて便利だよね!ということで日本からきていた友人と共にツアーで参加。

英語のツアーなのですが、いろんな国の人と一緒にバスに乗り、おしゃべりしながら行けて楽しかったです。(スペインからきている人・オーストラリアからきている人などいろいろな国から参加していました)

Muir Woodsに向かう途中Golden Gate Parkにも寄ってくれて、サンフランシスコの名所Golden Gate Bridgeを背に写真を撮ってもらえるのも非常によかったです。

帰りは、サウサリートで下車することも可能です(私たちはこれを選びました!)
サウサリートで美味しいランチを食べて、フェリーでサンフランシスコまで戻ってこれるので、お時間に余裕のある方はサウサリートで途中下車というのもお勧めです。

ある日家に帰ると見慣れぬ封筒がポストに

そこにはこんな文字が...

差出人は裁判所だし、ひたすら焦りつつ開封。(エレベーターに乗って部屋に着くまでの間ひたすらアメリカ生活の愚行を振り返ってましたw)

中身は陪審員に選ばれた旨と、集合時間等が書かれた紙が入っていました。

陪審員なんて単語知らないし、もうびっくりしましたよ‼️

陪審員とは日本で言うところの裁判員制度で、アメリカ国民ならよっぽどの理由がない限り拒否できないそうです。(日本の裁判員制度も選ばれたら、断るのが難しいと聞きました)

ただ私はUS Citizen ではないためそもそも陪審員になる権利はないわけなので、陪審員になるのを断るという手続きをしないといけないわけです。

最初からUS Citizen じゃない人はfilter outしてくれればいいのに...と思うんですが、ここはアメリカ。SSN(social security number)を持っていて、DMVに登録してる人が対象だそうですよ。

今回はその断るプロセスについてまとめました。

断る方法は三種類あります。
  1. 電話する
  2. Webで手続きする
  3. 届いた手紙の質問に回答し、返信する
私は3で、断りました。
2が楽そうだなーと思ってHPに行ってみたんですが、どこに入口があるのかさっぱりわからない不親切なホームページだったので心があっという間に折れました。

それでは、手紙の回答方法を。

裁判所から届いた手紙は上の方が切り離し可能になっており、住所が変わった等々個人情報にUpdateがある人と、陪審員を断る人用の質問が書かれており、返信できるようになっています。

こちらがその質問用紙で、私はDの
I'm not a citizen of the United Srateを選択しました。

そして上の説明文にある通り、連絡先の電話番号かメールアドレスを余白に記入し、後は下の方にサインをする場所があるのでサインをすれば、この質問用紙は完成です。

市によっては、返信用封筒が同封されているそうなのですが、私の市は入っていなかったので、私は会社からFedexで送りました。(正確に届いてくれないと困るので、Fedexにしました)

今のところ裁判所から連絡は来ていないので問題ないはずです。

ちゃんと断れてなかった時、情報に不備があった時などには再度連絡が来るそうなのでその時はまたこちらの情報を更新します!

まさか自分が陪審員に?と驚いてしまう手紙でしたが、断り方も学べて今回またアメリカ生活スキルが少し上がったかなと思ってます!

日本からお客が来ていたので、アメリカらしい美味しいステーキを食べに行ってきました!
(Twitterで、@KenFukui さんに教えていただきました!ありがとうございます!)

今回行ったステーキハウスはこちら!
Palo AltoにあるSundance the steakhouse です。


アメリカはレストランの予約がopen tableでできてすごく便利。
日本は電話で予約するところが未だに多いし、ネットで予約できてもお店独自の予約しステもだったりで、毎回苦労します。

こちらのお店は、店内はかなり広めで、落ち着いた雰囲気でした。
土曜日ということもありたくさんの人で賑わっていました。

頼んだお肉はRib!
いつもは高くても小さくて美味しいフィレを頼むことが多いのですが、お店の方一押しの熟成肉Ribを注文しました!
このお肉は一番小さいサイズ。
サイドは、野菜は必須でつくのですがもう一品は自分で選ぶことができました。私が選んだのはクリームスピナッチ(コナクリームスピナッチが、絶品でした!)

ソースは、
ホースラディッシュと、ステーキソースでした。
お肉も柔らかくて、本当に美味しかった!そして値段もステーキハウスにしてはお手頃!

また、日本から来客があった時にはこちらを利用しようと思える素敵なお店でした。

日本にいる時から無類のラーメン好きだった私。
アメリカでもいろんなラーメン屋さんに行っているので、少しずつその情報を書いていこうと思います。

今回行ったお店は、Ramen Taka
Blogの題名には、San Joseと書きましたが、正確にはSanta Clalaにあるお店です。


場所はこちら

総合評価は
☆4.5です!(Max5)

Ramen Takaは、博多とんこつラーメンのお店なんですが、アメリカでは豚骨ラーメンが人気でいろいろな所で豚骨ラーメンを食べたことはあったけど、ここの豚骨ラーメンが一番日本の博多ラーメンに近かったです。

食べたラーメンはこちら!
 

博多ラーメン特有の麺の細さはもちろんのこと、味も非常に近かった(スープは豚骨の味よりニンニクの味の方が近くて若干日本のものとは違いましたが、アメリカにいてそんなに文句は言っていられません)
博多ラーメンは麺の量が少なく、女性の私でも替え玉をするのが日本では普通だったんですが、さすがアメリカ。麺量は日本の2倍ほど入っており、替え玉なしでお腹いっぱいになりました。

土曜日のお昼に行ったら店は、外にまで人が並ぶほどの行列でした。
が、一人だったこともありすぐに入店できました。
(アメリカではラーメンは、レストランの一つとして認識されており、ラーメンを食べた後も談笑したり、お酒を飲んだり、1グループの滞在時間が日本よりも長い印象)

このページのトップヘ