makoのアメリカ奮闘記

アメリカ・サンフランシスコに単身赴任中 アメリカ赴任までのいろいろなこと・アメリカでの生活のことをまとめていきます。

VISA取得のために必須なのが大使館面接

面接って言われるとなんか、ドキドキしますがそんな堅苦しいものではなかったのでご安心を
私は溜池山王にあるアメリカ大使館に行ってきました。
(写真は自分で撮ったものではありません。Wikipedia から転記)

大使館面接の際、持ち込める荷物は厳しく制限されています。

大使館への持ち込み可能品
  • 帯電話1台(セキュリティゲートで預ける必要あり)
  • 手持ち可能なバッグ1点(25cmx25cm以下)
  • ビザ申請関連書類が入った透明なクリアフォルダー
  • 傘、ただし荷物検査前にセキュリティゲートの外の傘たてに置くこと

大使館への持ち込み不可品目

  • ノートパソコン、iPad 、USBメモリ、電子手帳、スマートウォッチ、ポケベル、カメラ、オーディオ/ビデオカセット、コンパクトディスク、MP3、フロッピーディスク、ポータブル音楽プレーヤーなどの電子機器
  • 旅行かばん、トランク、スーツケー
  • その他バッグ全般(リュックサック、ブリーフケース、皮製・布製バッグ等
  • 大型ショルダーバッグ
  • 食品全般
  • 葉巻、煙草、ライター、マッチ
  • はさみやナイフ、爪やすり等の先の尖った物
  • 全ての武器、凶器、火薬、爆発物

なお、上記リストに限らず、これら以外にも警備員の指示により持込みが禁止される物があります。


そのため、持ち込めないものは最寄駅のロッカーに預けてから大使館に向かう必要があります。溜池山王駅には、ロッカーの案内図が親切にあり、ロッカーの数もかなりありました。(空いてなかったらどうしようってちょっと心配した笑

ちなみに、大使館まで行って最初のチェックを受けるとに中に持ち込めないものを持っている場合コインロッカーまで戻るように指示されます。

かなり時間のロスにもなりますので事前の準備をお忘れなく。


面接自体はすごく簡単に終わりました。(待ち時間の方が長かった...)

アメリカで働くにあたり君のSpecial knowledge は?って聞かれて、あとはちょっとした会話をしただけでした。

VISAは一週間程度で届きましたー。



住むことと旅行することは、全く異なるものだと思ってます。
どっちがいいとかないけれど、全く尺度の違うものだと思っているということを言いたいだけなんですけど。ただ同じ尺度でものを言ってくる人が最近あまりに多いからちょっと書きました。

住むといっても、
子供の時、親の仕事で住むのと
学生の時、留学で住むのと
大人になって、仕事で住む
のも違うと思う。
 
旅行は、いろんな行政の手続きもいらないし、その時、その旅行の間だけのことを考えていればいいから。旅行でサンフランシスコ行ったことあるよっていう人はたくさんいるけれど、住んで見えてくるサンフランシスコと、旅行で見えているサンフランシスコは違うと思う。

私はサンフランシスコには観光できたことは一度もないけれど、でもサンフランシスコに住むという視点からこの街を見れて良かったと思う。


海外に引っ越す前に必ず済ませておかないと、住んでないはずなのに住民税が取られたり損をすることも多いのが
転出届!

手順はいたって簡単です。
1:住民票がある役所に行く
2:転出届の記入(転出先の住所を書く欄には引っ越す先の国名を記入)

手順はこれだけです。
転出届を提出後、国民年金に加入しいる場合はその手続きも必要になりますが同じ役所でできるのでそちらも忘れずに!

このページのトップヘ