makoのアメリカ奮闘記

アメリカ・サンフランシスコに単身赴任中 アメリカ赴任までのいろいろなこと・アメリカでの生活のことをまとめていきます。


アメリカに来て3年弱

社外に知り合いがたくさんできました。みんなアメリカに来た理由は様々。自分の意志で来た人もいれば、会社の都合だったり、家族の都合だったりで来てる人もいる。

でも総じて言えるのは、みんな意識が高い。
本当に悪い意味じゃなくて、みんな生きていくことに対して貪欲で必死だし、常に上を目指している。

アメリカはそうじゃないと生きていけない国だと思う。
赴任者は、会社から守られているから意識が高くなくても、決められた任期が終われば帰任して、それで終わりかもしれない。
たくさん旅行して、たくさんお金を稼いで。一時的にしかアメリカにいないからそれでいいかもしれないし、それを悪く言うつもりなんてない。

でも、アメリカでは、歩みを自ら止めたらそれは終わりを意味している気がする。
終身雇用という仕組みはないし、Job Hopperとしてみんな次から次へとキャリアチェンジをしていくのが普通。だからこそ、新卒かどうかなんて全然重要じゃなくて、自分が今どれだけのスキルと経験を持っていて、次の仕事が自分のどの部分を生かすことができて、どの部分を伸ばせるか。

ただそれだけ。

だからこそ、アメリカは一回社会に出たあとに、大学に戻って勉強をし直したり、人生を考え直す旅に出てみたりすることが日本よりずっと当たり前なんだと思う。

これってすごく自然なことだと思う。
社会に出て働いたからこそ自分にまだ欠けている部分に気が付けるし、学びたいと思った時に、その欠けている部分を補うため・伸ばすためにもう一回学べばいい。

これを日本でやろうとしたら周りの目は冷たいと思う。
私は一浪して大学に入ったけれど、あー現役じゃないのねという目で見られたことなんて何度もあったし、留年した人に対しても非常に冷たい。

何歳で大学を卒業しようと、何年かけて大学を卒業しようと、人生80年もあるのだからその数年の誤差が何だろうと思う。だから、一旦社会人を辞めて、力を蓄えてもう一回社会に復帰するのだってありなんだなとアメリカに来て気がつきました。そして、これってアメリカが特殊なんじゃなくて、日本が特殊なんだよね。世界のスタンダードは、これなんだと思う。

周りからどう思われようと構わない。
日本にいた時は、ステレオタイプにはまらないといけない気がしていたし、はまらない生き方をしてる人への風当たりの強さを実感してた。
(例えば30歳までに結婚するのが女子は普通みたいな)

でももっと自由に生きようと思えてるし、やりたいことをやって生きていけばいいんだと思わせてくれたアメリカ、ありがとう。

だから2019年の目標は、「一歩踏み出す」に決めたんです。(もう6月w このブログは、1月に書こうと思ってずっと下書き状態でした)

日本は堅い国だから、この状況がすぐに変わるとは思えない。
でも日本でどう思われるかなんてどうでもいいや。私は私らしく生きていく。


クリスマスホリデーは、南米マチュピチュ・ウユニ塩湖に行ってきました。
参加したツアーはこちら 

日本人の添乗員がつくツアーです。
北米発着のツアーとなるので、参加者はアメリカ・カナダ在住の日本人で総勢20名ほど。
全員が海外在住ということで、海外旅行には慣れているし、日本発着のツアーに比べて曲者が少なかった印象(個人的な意見です)

ツアーを振り返っての感想ですが、約10日間で、ボリビアのウユニ塩湖・ペルーのマチュピチュ・ナスカの地上絵等、名所を回るわけですがスケジュールがかなりハードでした。
多くても同じホテルに2泊しかすることはなく、ほぼ毎日移動。だから毎日パッキングが必要だし、移動に飛行機を使うことも多いため朝4時起床など、過密スケジュールをこなすこととなりました。

でも、今回の旅行で訪れた場所は一度は行ってみたかった場所なので、私は非常に楽しめたし満足でした。

それでは、まずウユニ塩湖についてまとめたいと思います。


ウユニ塩湖に行くためにまずボリビアのLa Pazに行きました。La Pazへは、サンフランシスコから飛行機を二回乗り継ぎ、待ち時間も含め計30時間かかりました lol
乗り継ぎが多いこともありBaggage lostを心配し、アメリカ国内では機内持ち込み可能なサイズのドラムバックを今回は使用。(使ったドラムバックはこちら。The North Faceのドラムバック Sサイズです。10日分の持ち物がギリギリ入るサイズです)

ただ結果からいうと、ドラムバックは機内に持ち込めませんでした。

利用したのはボリビアエアという、ボリビア国内の飛行機会社ですが、持ち込める荷物の総量が決まっていること(10キロ)・機体がかなり小さいことがあり、10日分の荷物が入るサイズの荷物は、機内に持ち込むことを期待しないほうがいいでしょう。
IMG_4799
ボリビアエアの機体

私たちは幸いにもBaggage lostには合わなかったのですが、同じグループの方ではBaggage lostに遭い、最終日まで荷物が届かないというトラブルもありました。
こればかりは運ですが、数日分の着替えやコンタクトなど、Baggage lostに遭っても、数日は最低限旅行を楽しめる持ち物は、Backpackに入れて行くといいかもしれません。

次は高山病について。

ウユニ塩湖は標高3000メートルを超える場所にあります。
なので、高山病にかかるリスクがあるので私は高山病予防の薬を入手し向かいました。
たまたま日本に出張で帰る機会があったので、日本で高山病の薬を入手しましたが (品川イーストクリニック )、アメリカでも同等の薬を入手することは可能なようです。

こちら高山病予防の薬は飲み始めると、トイレが近くなる(利尿作業が半端ない)、手足が痺れる等副作用があるのでちょっと注意が必要ですが、この薬のおかげで高山病にかかることもなくウユニ塩湖を楽しむことができました。

多くの方がご存知の通り、ウユニ塩湖は乾季には一面真っ白な塩湖を、雨季には鏡張りの絶景を楽しむことのできる場所です。
今回行った12月下旬は雨季が始まったばかりということで一部鏡張りの景色を見ることもできました(完璧な鏡張りの絶景を楽しみたいなら2月頃がBestだそうです)

IMG_5269
IMG_5198
FullSizeRender

ウユニ塩湖に行くのに持って行ったほうがいいもの
  • 簡易長靴
多くの場合長靴は、宿泊しているホテルで借りることが可能なのですが、その長靴のクオリティはあまり高くありません。だからと言って、ただでさえbaggage lostの心配のある荷物に長靴を入れるのはかさばるし、無駄が多い。ということで今回私は、靴の上から履く、簡易長靴を購入しました。
FullSizeRender
Amazonで購入可能で ( こちら ) $15ほど。畳めるので、荷物にもなりませんし、履き終わったら捨てることができるので便利でした。今回のウユニ塩湖の旅行で一番買ってよかったもの!
  • 手袋・ダウン
日の出・星空・日の入りを見たいなら防寒は本当に大事です。昼間はかなり暑く、Tシャツでも暑いくらいなのですが、朝晩は本当に冷え込みます。荷物にはなりますが、手袋・ダウンジャケットは必須だと痛感しました。

  • トリック写真を撮りたいなら、大きめのアイテムを持って行くべき
ウユニ塩湖に行ったら一つやりたいのがトリック写真だと思います。
FullSizeRender

真っ白な塩湖で遠近法を使って、あたかも恐竜に襲われている写真を撮ったりする有名なものですが、うまく写真を取るためにもアイテムはある程度のサイズが必要だということがわかりました。遠近法を効果的に見せるためには、近くに置くアイテムはある程度のサイズがあったほうがうまく撮れるようです。

私が持っていたアイテムは小さすぎて、あまりうまく撮れませんでした(残念)

一度は行ってみたかった場所ウユニ塩湖
完璧な鏡張りは見ることができなかったけど、素敵な写真をたくさん撮れて大満足です。


2歳から10年間割と真剣にクラシックバレエをやっていたんです。(週5日バレエだった)
くるみ割り人形の舞台にも子役として何度か立ったことがあり、くるみ割り人形への思い入れは結構強いわけですが。

サンフランシスコバレエ団のくるみ割り人形(nutcracker)は、すごく有名で評判もよかったので今年ついに行ってきました!サンフランシスコバレエ団の公演を観に行くのは今回が二度目!

サンフランシスコバレエ団の公演はいつもWar Memorial Opera House (MAP)であります。
趣があって、素敵な建物です。今の時期は外観も全部 nutcrackerになってます)

ちなみにWar Memorial Opera House は、サンフランシスコで一番治安の悪いテンダーロインのすぐそばにあること、駐車場の数が限られていることを考慮するとUberで行くことをお勧めします。

IMG_4672


中に入ると、クリスマス一色
IMG_4674

それでは本題のバレエを観ての感想に入ろうかと。
まず新しいスタイルのくるみ割り人形だな!というのが正直な感想です。
くるみ割り人形くらい有名な舞台だと、曲によってこの部分ではこういう踊りをするのが、ある程度決まっていたりするんですが、いい意味で期待を裏切る構成でした。

なので何度も観たことがあるはずのバレエが全く違うものに見えて面白かったのと同時に、ちょっと物足りなさもあったりしました。

セットがすごく綺麗だったし、新しいくるみ割り人形を観れたのはよかったので、$120出して行った甲斐はありました。

あと、これはバレエそのものの話ではないのですが、くるみ割り人形が子供でも楽しめる内容の舞台なのもありますが、お客さんの質が悪かったなと。

子供に二時間の舞台は、ちょっと長すぎると思うのですが、観ている側としては、上演中に席を立ったりされると気が散るし、上演中の私語が多かったのは少し残念な点です。

でも日本より、バレエの舞台を観に来る人の層がずっと厚い気がしました。
日本だとバレエを習っている人(関係者)とすごくバレエが好きな一部の人しか観に行かない気がするのですが、サンフランシスコバレエ団の公演を観に行くと、いろんな層の人が観に来ているなというのを感じました。

これはすごくいいことだと思う。バレエにそんなに興味がなくても、観に行く気概があればそこから何かが新しいことが見つけられるかもしれないし、経験として観てみるというのも一つありだと思う。

日本はバレエをみるということへのハードルが高すぎる気がするな。


このページのトップヘ